安息日とは?

 

出エジプト20:8-11

20:8 安息日を覚えて、これを聖なる日とせよ。

20:9 六日間、働いて、あなたのすべての仕事をしなければならない。

20:10 しかし七日目は、あなたの神、主の安息である。あなたはどんな仕事もしてはならない。――あなたも、あなたの息子、娘、それにあなたの男奴隷や女奴隷、家畜、また、あなたの町囲みの中にいる在留異国人も。――

20:11 それは主が六日のうちに、天と地と海、またそれらの中にいるすべてのものを造り、七日目に休まれたからである。それゆえ、主は安息日を祝福し、これを聖なるものと宣言された。

 

 

 安息日とは出エジプトの時に、へブル人に与えられたものではなく、この世の創造されたときに1週間の中の1日として創造主であるヤフワ様によって聖別された日である。

 

またモーセに与えられた十戒の中の4番目の戒めとして定められているものでもある。

しかし、十戒の中でもここまで頻繁に大胆に破られている戒めはほかにはない。

 

サタンは、安息日を守ることがどれだけの祝福があるのかを知っているため、”安息日はユダヤ人のみが守るべきものである”、”安息日は十字架によって廃止された”などの多くの嘘を混ぜてクリスチャンを盲目にしているのである。

 

現代のクリスチャンは、聖書から導き出される安息日を差し置いて、”救い主が復活された日”とされる日曜日を熱心に守っている。

 

しかし、「①暦の歴史」でも触れたように、現代で採用されている7曜制は4世紀に採用されたもので、聖書の書かれた時代には存在しないのである。

 

そのため、聖書ではこう書かれている

 

へブル13:8

ヤフシュア様(へブル名)は、きのうもきょうも、いつまでも、同じです。

 

マラキ3:6

ヤフワ様(へブル名)は変わることがない。

 

また、安息日は創造が完了した記念としてヤフワ様に聖別された日である。そのため、ヤフワ様はユダヤ人のみならず、すべての人が安息日を守ることを望んでおられる。

 

しかし、大洪水のあとノアの孫であるクシュ(男)とセミラミス(女)によって生まれたニムロデ(創10:8)を筆頭に偶像礼拝が地上に蔓延していった。

 

そのため、ヤフワ様はアブラハムを選び、こう宣言された。

 

創世記12:1-3

12:1 その後、ヤフワ様はアブラムに仰せられた。「あなたは、あなたの生まれ故郷、あなたの父の家を出て、わたしが示す地へ行きなさい。

12:2 そうすれば、わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大いなるものとしよう。あなたの名は祝福となる。

12:3 あなたを祝福する者をわたしは祝福し、あなたをのろう者をわたしはのろう。地上のすべての民族は、あなたによって祝福される。」

 

そのようにヤフワ様はアブラハムの子孫を大いに祝福されたが、そののちの約400年にわたるエジプトでの奴隷生活で、イスラエルの人たちは安息日を忘れ去ってしまっていた。

 

そのため、ヤフワ様はイスラエル人に対して安息日の再確立をされた。

 

出エジプト31:13-17

31:13 「あなたはイスラエル人に告げて言え。あなたがたは、必ずわたしの安息を守らなければならない。これは、代々にわたり、わたしとあなたがたとの間のしるしわたしがあなたがたを聖別する主であることを、あなたがたが知るためのものなのである。

31:14 これは、あなたがたにとって聖なるものであるから、あなたがたはこの安息を守らなければならない。これを汚す者は必ず殺されなければならない。この安息中に仕事をする者は、だれでも、その民から断ち切られる。

31:15 六日間は仕事をしてもよい。しかし、七日目は、主の聖なる全き休みの安息日である。安息の日に仕事をする者は、だれでも必ず殺されなければならない。

31:16 イスラエル人はこの安息を守り、永遠の契約として、代々にわたり、この安息を守らなければならない

31:17 これは、永遠に、わたしとイスラエル人との間のしるしである。それは主が六日間に天と地とを造り、七日目に休み、いこわれたからである。」

 

そして、現代までユダヤ人はヤフワ様のトーラーを与えられたことを誇りとしているが、ヤフシュア様が来られたことにより、これらの祝福はヤフシュア様を救い主と受け入れる人すべてに及ぶとパウロは述べている。

 

ローマ9:6-8

 9:6 しかし、神のみことばが無効になったわけではありません。なぜなら、イスラエルから出る者がみな、イスラエルなのではなく、

9:7 アブラハムから出たからといって、すべてが子どもなのではなく、「イサクから出る者があなたの子孫と呼ばれる。」のだからです。

9:8 すなわち、肉の子どもがそのまま神の子どもではなく、約束の子どもが子孫とみなされるのです。

 

ローマ10:11-13

10:11 聖書はこう言っています。「彼に信頼する者は、失望させられることがない。」

10:12 ユダヤ人とギリシヤ人との区別はありません。同じヤフシュア様が、すべての人の(救い)主であり、ヤフシュア様を呼び求めるすべての人に対して恵み深くあられるからです。

10:13 「ヤフシュア様の御名を呼び求める者は、だれでも救われる。」のです。

 

ヤフワ様のトーラーを守らない人たちの血は、ヤフワ様のトーラーを拒否する人たちと同じように失われるが、ヤフワ様のトーラーを守る人たちは、アブラハムの子孫とされ永遠の命を受け継ぐのである。

 

ガラテヤ3:29

もしあなたがたがキリストのものであれば、それによってアブラハムの子孫であり、約束による相続人なのです

 

そして安息日の契約永遠に続くものであり、永遠の契約である。

 

イザヤ66:22-23

66:22 「わたしの造る新しい天と新しい地が、わたしの前にいつまでも続くように、――ヤフワの御告げ。――あなたがたの子孫と、あなたがたの名もいつまでも続く。

66:23 毎月の新月の祭りに、毎週の安息日に、すべての人が、わたしの前に礼拝に来る。」とヤフワは仰せられる。

 

新月の日というのは、創造時に設立されたカレンダーによってのみ知ることができる。

 

また、黙示録には最後の世代は、真実の安息日にヤフワ様を礼拝することにより、ヤフワ様をほめたたえようとするが、その一方でサタンのによって世界を統治する獣により獣を礼拝を強要されるとも書いてある。

 

黙示録の預言では、世界の終わりに来るヤフワ様とサタンとの紛争には、国家の力によって強制される偽りの礼拝の日と偽りの礼拝制度に関するものであることが明らかになっている。

 

またカトリック教会はこうも述べている。

“日曜日というのが我々の権威の象徴である。”

(The Catholic Record, London, Ontario, September 1, 1923.)

 

天の御国に対して起こるすべての戦いというのはいつも礼拝に集中しており、

世の初めから、ルシファーの最終目標は、創造主であるヤフワ様に対する礼拝をひっくり返すことである。

 

なぜなら、これは最終的には創造主なるヤフワ様とルシファーとの礼拝に対する戦いだからである。

 

イザヤ14:13-14

あなたは心の中で言った。『私は天に上ろう。神の星々のはるか上に私の王座を上げ、北の果てにある会合の山にすわろう。

密雲の頂に上り、いと高き方のようになろう。』

 

まさにルシファーは、創造主のように礼拝され、ほめたたえられることを望み堕落したのである。そのため、安息日を守る守らないというのは単なる個人的な問題ではなく、この世の争いの初めであり、根源なのである

 

そのため黙示録はこう描写している。

 

黙示録13:12-15

13:12 この獣は、最初の獣が持っているすべての権威をその獣の前で働かせた。また、地と地に住む人々に、致命的な傷の直った最初の獣を拝ませた。

13:13 また、人々の前で、火を天から地に降らせるような大きなしるしを行なった。

13:14 また、あの獣の前で行なうことを許されたしるしをもって地上に住む人々を惑わし、剣の傷を受けながらもなお生き返ったあの獣の像を造るように、地上に住む人々に命じた。

13:15 それから、その獣の像に息を吹き込んで、獣の像がもの言うことさえもできるようにし、また、その獣の像を拝まない者をみな殺させた。

 

ここで表現されている刻印というのは、マイクロチップのことだけでなく、霊的な刻印のことである。

 

黙示録19:20

すると、獣は捕えられた。また、獣の前でしるしを行ない、それによって獣の刻印を受けた人々獣の像を拝む人々とを惑わしたあのにせ預言者も、彼といっしょに捕えられた。

 

黙示録14:11

そして、彼らの苦しみの煙は、永遠にまでも立ち上る。獣とその像とを拝む者、まただれでも獣の名の刻印を受ける者は、昼も夜も休みを得ない。

 

つまり、獣の刻印を受けること獣の像を拝む人々の受ける罰というのは同じなのである。獣の刻印というのは当然のように真の安息日の礼拝を妨害するということを含んでいる。

なぜなら、ヤフワ様とサタンのどちらを礼拝するかが、まさにその争いの全体的な論点だからである。

 

そのような迫害の中でも聖書はこう述べている。

 

黙示録14:12

ヤフワ様の戒めを守り、ヤフシュア様に対する信仰を持ち続ける聖徒たちの忍耐はここにある。

 

 

 

安息日を守るということの意味

 

 安息日というのはすべての人が守るべきヤフワ様のおきてであり、この世に対抗するための盾であり、砦である。

 

黙示録7:1-4

7:1 この後、私は見た。四人の御使いが地の四隅に立って、地の四方の風を堅く押え、地にも海にもどんな木にも、吹きつけないようにしていた。

7:2 また私は見た。もうひとりの御使いが、生ける神の印を持って、日の出るほうから上って来た。彼は、地をも海をもそこなう権威を与えられた四人の御使いたちに、大声で叫んで言った。

7:3 「私たちが神のしもべたちの額に印を押してしまうまで、地にも海にも木にも害を与えてはいけない。」

 

エゼキエル20:12

20:12 わたしはまた、彼らにわたしの安息日を与えてわたし彼らとの間のしるしとし、わたしが彼らを聖別する主であることを彼らが知るようにした。

 

エゼキエル20:20

 20:20 また、わたしの安息日をきよく保て。これをわたしあなたがたとの間のしるしとし、わたしがあなたがたの神、主であることを知れ。』と。

 

エゼキエル9:1-6

9:1 この方は私の耳に大声で叫んで仰せられた。「この町を罰する者たちよ。おのおの破壊する武器を手に持って近づいて来い。」

9:2 見ると、六人の男が、おのおの打ちこわす武器を手に持って、北に面する上の門を通ってやって来た。もうひとりの人が亜麻布の衣を着、腰には書記の筆入れをつけて、彼らの中にいた。彼らははいって来て、青銅の祭壇のそばに立った。

9:3 そのとき、ケルブの上にあったイスラエルの神の栄光が、ケルブから立ち上り、神殿の敷居へ向かった。それから、腰に書記の筆入れをつけ、亜麻布の衣を着ている者を呼び寄せて、

9:4 主は彼にこう仰せられた。「町の中、エルサレムの中を行き巡り、この町で行なわれているすべての忌みきらうべきことのために嘆き、悲しんでいる人々の額にしるしをつけよ。」

9:5 また、私が聞いていると、ほかの者たちに、こう仰せられた。「彼のあとについて町の中を行き巡って、打ち殺せ。惜しんではならない、あわれんではならない。

9:6 年寄りも、若い男も、若い女も、子どもも、女たちも殺して滅ぼせ。しかし、あのしるしのついた者にはだれにも近づいてはならない。まずわたしの聖所から始めよ。」そこで、彼らは神殿の前にいた老人たちから始めた。

 

黙示録14:1

また私は見た。見よ。小羊がシオンの山の上に立っていた。また小羊とともに十四万四千人の人たちがいて、その額には小羊の名と、小羊の父の名とがしるしてあった。

 

ヤフワ様の証印というのは、自分の意思を完全にヤフワ様に降参させたときに受けるものである。この性質の変化というのは、ヤフワ様の要求にすべて自発的に従おうとする人に見られる。

ヤフワ様にすべてを降参する人は、ヤフワ様の証印を受けることで、獣の刻印は無力となり、私たちを守ってくれるのである。

 

獣の刻印とヤフワ様の証印とはお互いに対照的なものである。

 

ひとつはサタンに対しての完全な忠誠心のシンボルであり、私利のために従うというものをみせるものである。

 

しかしながら、ヤフワ様の証印とは、ヤフワ様に対する降参、服従、従順を表すものである。

 

ヤフワ様の証印を受ける人は、ヤフシュア様の心も持っている人である。

 

ヤフワ様の証印というのは、ヤフシュア様を救い主として受け入れ、ヤフワ様の要求に従順するときに受けるのである。

 

ヨハネ14:15

もしあなたがたがわたしを愛するなら、あなたがたはわたしの戒めを守るはずです。

 

ヤフワ様の証印を受け、獣の像や獣の刻印に打ち勝った人には、自分の力では得ることができない永遠の命を手にすることができる。

 

黙15:2-4

15:2 私は、火の混じった、ガラスの海のようなものを見た。獣と、その像と、その名を示す数字とに打ち勝った人々が、神の立琴を手にして、このガラスの海のほとりに立っていた

15:3 彼らは、神のしもべモーセの歌と小羊の歌とを歌って言った。「あなたのみわざは偉大であり、驚くべきものです。主よ。万物の支配者である神よ。あなたの道は正しく、真実です。もろもろの民の王よ。

15:4 主よ。だれかあなたを恐れず、御名をほめたたえない者があるでしょうか。ただあなただけが、聖なる方です。すべての国々の民は来て、あなたの御前にひれ伏します。あなたの正しいさばきが、明らかにされたからです。」

 

アーメン!!

 

次のページ⑥Q&Aに続く